株式会社ライズコーポレーション:オフィシャルサイト・広島

MAINTENANCE

Maintenance 異物除去の方法

人工芝に付着した異物の除去・シミ取りの例を下記にまとめました。

 

飴、甘味飲料、チョコレート、アイスクリームなどの水溶性異物

中性洗剤原液をウエスに染み込ませ、水で泡立て、汚れを拭き取り・除去した後、水で洗い流す。

 

ペンキ、靴墨など油性異物

ベンジン原液をウエスに染み込ませ、汚れを拭き取り・除去した後、水で洗い流す。

 

けが等による血液

塩を300倍程度希釈し、その液をウエスに染み込ませ、拭き取り後、水で洗い流す。

 

ガム

氷がコールドスプレーを使用してガムを固めます。その後、ヘラ等で削ります。カスが残った場合は、ベンジンまたはマニキュア除光液をウエスに染み込ませ、汚れを拭き取り、水で洗い流します。

 

砂、汚泥、土砂等

高圧洗浄機にて外に掻き出す。但し、Geofillも一緒に流してしまう可能性が高いため、施工業者に依頼することが望ましい。

 

※ベンジン及びマニキュア除光液は取り扱い上、火気の使用にご注意ください。
※除去剤を使用後、使用した箇所にGeofillの補充をするか、レーキ掛けをしてください。
※上記に掲載してない理由等で、汚れの除去が出来ない場合は、部分張り替えが出来ます。その場合は施工業者にお問い合わせください。

注意事項

①ゴミや泥などは放置せず、速やかに撤去する

→動物の排泄物はしっかり取り除き、水できれいに洗い流す

②火気・喫煙・飲食の禁止

③日常的に簡単な清掃を行う
 →ほうきで払うなど

④気温が高い日は電動掃除機を使用しない

⑤長時間の駐車、重機のオイル漏れ等を避ける

⑥積雪時は回転ブラシやブロアーで除雪する

⑦散水
 →雨が降らない日が続く場合行う

⑧メンテナンスは春など温かく乾燥した時期に行う

上記のメンテナンスが行われていれば、月単位のメンテナンスの必要はほぼありません。

・半年ごとのメンテナンス
 →使用頻度によって充填材の状態を整える必要がある

・一年単位のメンテナンス
 →充填材の状態、弾性(クッション性)のチェック

禁止事項

・仕様書と異なる砂や充填材の導入
・不適切な清掃機具、用法、材料の使用
・芝への圧力(重量のあるものを長時間放置しない)
・火気の使用

・・・など

PAGE TOP